プログラミング入門-1 プログラムてなに?

コンピューターは計算装置です。電卓に毛が生えたような機械です。なのでとても機能が少ないです。すごく極端にいうと、次のような機能しかありません。

  • データの保持
    メモリーという装置にデータを一時的に保存し、処理に利用します。
  • 外部機器への書き込み・読み出し
    より大きな容量の装置(HDD、SSD、CD、DVD、Blue-ray、テープ装置・・・)へのデータの保存や、ネットワークを通して他の機器とデータの送受信
  • 命令の処理
    データの一種です。計算装置に「なにをすればよいかを順番に書いたデータ」が含まれています。これを「プログラム」と呼びます。

命令というのはデータの一種です。

コンピューターの命令には、以下のようなものがあります。これらを、プログラムのデータとして順番に処理できるようにしたものが「プログラム」です。

  • 四則演算(基本は二進数演算)
  • データのコピー(移動含む)
  • プログラムの実行順序の制御(条件分岐)

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中